特定非営利活動法人 いごっそう特定非営利活動法人 いごっそう

人は障害を持っていてもその可能性は無限にあり、
一生成長し続けることができる存在である。

いごっそうが目指すこと
PURPOSE

障害を持ちながらこの社会で生きていこうとするそれらの人々の可能性を信じ、その持っている能力が発揮できるよう(エンパワーメント)、支援することにより、その人が生き生きとしたその人らしい暮らしができるように、また、その人を取り巻く環境に働きかけ、社会を変革することにより、障害があってもなくても人間としての価値はみな等しく、同じように尊重されるべきであるという理念を体現できる社会を創り出すことをもって、地域福祉の増進に寄与する。

沿革
HISTORY

2012年02月
特定非営利活動法人いごっそう設立
2012年06月
多機能型就労支援施設LAGOON 開所
就労継続支援B型・就労移行支援 各定員10名でスタート
2012年10月
居宅介護支援事業所サポートセンターGirasol 開所
居宅介護、行動援護、重度訪問介護、移動支援サービスを実施
2014年04月
サポートセンターGirasol 行動援護サービス廃止
2018年05月
多機能型就労支援施設LAGOON 就労移行支援サービス廃止
2018年06月
就労継続支援B型LAGOON 定員20名に増員し再スタート
2018年08月
障がい者デザイン研究所 笑んむすび スタート
2019年05月
サポートセンターGirasol 事業終了

事業紹介
BUSINESS

就労継続支援B型 LAGOON

就労継続支援B型 LAGOON

パソコン作業では、主に印刷物やホームページ作成を中心とした作業を行い、直接お客様と接する機会を持つことにより、社会生活に必要な知識や能力の向上をめざして頂きます。

アクア作業・紙工作業では、基礎体力の向上・生活リズム・社会的マナー等に加え、自分の中での目標が見つかる、やりがいを見つけ感じられる、自己表現ができる、輪の中で調和がとれる等を目的とした支援を行っております。

また、就労に必要なビジネススキルを学び、継続して働く力を身につけて頂きます。

笑んむすび 障がい者デザイン研究所

笑んむすび 障がい者デザイン研究所

笑んむすびは障がい者支援に取り組む活動として、
商品企画・デザイン・Web制作・印刷を通じて障がい者の方とともに皆様と笑顔で結ばれるサービスを提供していきます。

職員体制
STAFF

常勤職員 5名 ・ 非常勤スタッフ 4名

外部講師やボランティアの方にもご協力いただいています。

(2019年9月現在)

スタッフミーティングを毎月開催しています。
スタッフは介護職10年以上のベテランもいれば他業種からの転職を含め福祉職は未経験の方、子育て真っ最中の方などバックグラウンドはそれぞれ違います。日々の支援業務での気付き、悩み、視点もそれぞれであり、聞き取り共有し学び合える、働きやすい職場づくりにむけて取り組みを行っています。資格取得や外部研修受講については、勤務体制の配慮や費用の助成などの制度があります。
(令和2年4月より福祉・介護職員等特定処遇改善加算を取得しています)

採用情報
RECRUIT

常勤職員・非常勤職員ともに募集中です。
働き方・条件等、お気軽にご相談下さい。
福祉職経験のない方もOKです。

採用担当:さくらいりょうこ

お問い合わせ
CONTACT

所在地
〒601-8133 京都府京都市南区上鳥羽藁田町15番地
電話番号
075-661-2911
FAX
075-661-2912
地図





    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    ページのトップへ戻る